メニュー

当院で対応できない例

・自傷行為(過剰内服、リストカット)、希死念慮がある(死にたい気持ちが強い)/自殺を試みたことがある方、他害行為(家族等への暴力行為から警察や児童相談所の介入になった)
→当院は入院設備もなく対応は困難です。

・摂食障害、性同一性障害、解離性障害の診断治療を受けたい。
→当院では専門的な治療ができません。

・パーソナリティ障害ではないか、他院でパーソナリティ障害といわれた。
→当院では専門的な治療ができません。

・子供のことで親が相談、受診したい。
→当院では親御さんのみの相談は実施していません。

ゲームのことをなんとかしたい。
→当院では専門プログラムもなくゲーム障害の治療には対応していません。

・困った時に急な対応をしてほしい。
→当院は医師1人であり、完全予約制のため、急な対応は困難です。入院設備のある病院の受診をお願いします。

・学習障害ではないかと思う。
→当院ではK-ABCなどの読み書きの検査は実施していないので、学習障害の診断はできません。

・高校生以上でカウンセリングを受けたい。
→当院では心理士によるカウンセリングは中学生までとしています。不登校の高校生に対しては薬物療法主体になります。

・発達障害の詳しい検査、治療をしたい。
→当院では心理検査はWISC,WAISのみとなっています。新版K式、田中ビネー検査は実施していません。当院ではASD(自閉スペクトラム症)の検査(MSPA、AQ、PARS-TRなど)は行っていません。カウンセリングなどの心理療法は高校生以上には実施していません。デイケア等のあるクリニック、病院への受診をお勧めしています。

・セカンドオピニオンを受けたい。
→当院ではセカンドオピニオン外来はやっていません。

・離婚関係の書類、交通事故の後遺症認定等の診断書(PTSD等)記載してほしい。
→当院では対応できません。

・交通事故でPTSDではないかと思う。診断書の記載をしてほしい。
→当院では専門的な治療ができません。

・依存症(アルコール、ゲーム、薬物等)で困っている。
→当院では専門プログラムのご用意もないため専門的な治療ができません。

・触法行為、犯罪行為(万引き、窃盗、痴漢等)がやめられない。
→当院では専門プログラムのご用意もないため専門的な治療ができません。

 

当院は設備も少ない小さなクリニックですので、上記のようなことを希望される方は当院では対応できません。
入院設備のある病院などへの受診をお勧めしています。患者さんの安全を優先させるための対応です。ご迷惑をおかけしますが、ご了承ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME